循環器科・心臓病

心臓病について

動物たちも「年を取っても健康で」

私たち人間もですが、年をとり心臓の働きが悪くなると疲れやすくなり息切れや呼吸困難を起こします。動物も同じように心臓にいつも以上に負担がかかっている状態では体調の変化が現れます。また生まれつきもった心臓病により他の動物に比べて発育が遅いことがしばしばあります。

心臓病は悪化するにつれて徐々に目に見える症状が出てきますが、見た目に変化がなくても心臓の雑音をきっかけに早期に病気が発見されることがよくありますので注意が必要です。

どんな病気でもそうですが、特に心臓病は早期に発見し早期に治療することで大切な家族である動物がより長くより健やかに過ごすことができる病気の一つです。何か心当たりがある場合はそのままにせず早めに受診することをおすすめいたします。


【僧房弁閉鎖不全症】
犬の心臓病で最も多いのが弁膜症の一種である「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」です。
心臓の中にある僧帽弁という弁がうまく機能せず血液が逆流することによって、様々な症状を引き起こしてワンちゃんの身体に負担をかけてしまいます。キャバリアキングチャールズスパニエル、チワワ、マルチーズ、ミニチュアダックスフンドなどの小型犬によく見られます。若齢期でも見られますが、老齢期にさしかかり体力がなくなる頃からよく咳をするようになったり、疲れやすくなり運動をしたがらない(運動不耐性)ようになったりするのが特徴です。

咳が出るころには重度の心不全へと悪化している場合もあります。
「疲れやすいのは加齢だけが原因はでない」かもしれません。
ご来院されての診察をおすすめいたします。


【肥大型心筋症】
一方猫の場合では心筋症が最も多く、現在数々の種類の心筋症が解明されつつありますが、中でも「肥大型心筋症」が非常に多くの割合をしめています。心臓の筋肉が肥大することによって拡張しにくくなる病気です。メインクーン、アメリカンショートヘアーに多く見られることで知られています。

心臓はみなさんもご存知の通り、ポンプのように全身に血液を送る役割を果たしている重要な臓器ですが、肥大化した心臓ではうまく機能せず、心不全・不整脈を引き起こし、心臓内に血栓ができやすくもなります。またその血栓は大腿動脈血栓塞栓症という下半身麻痺ばかりでなく突然死の原因にもなります。

発病してから数年間は無症状で心臓の雑音がない場合もあるため、定期検診などを行っていないと初期の発見はほとんど不可能です。
症状が出てからでは現在の生命予後も良くありません。

現在の獣医療では完治させることは難しいですが、発病初期から適切な投薬を行いながら長い目で病状を見守ることが重要とされます。

少しでも病気の進行を遅らせることでより良い時間を動物と過ごすためにもぜひご相談ください。


PAGE TOP