診察内容

動物看護・介護について

獣医療の発展により、ペットの世界でも高齢化が進み介護やターミナルケア(終末医療)の必要性が徐々に浸透しつつあります。
大切な家族の一員として子犬・子猫の頃からずっと一緒にいても、動物の方が先に年を取り、老化が始まります。痴呆症になったり足腰が弱ったりして思うように動きづらいのは動物たちも一緒です。

暮らしやケアの方法を見直すことによって、飼い主さまにもよりよい生活があり、ペットにとっても良い飼い主さまに恵まれた生涯であるよう、どんな些細なことでも親身にご説明させていただきます。

PAGE TOP